スキンケア疑問解決ガイド:おすすめ商品



商品購入
・シュウウエムラ アトリエメイドクレンジングオイル(450ml):

価格:¥6,693
発送時期:1週間以内



楽天でスキンケア商品を購入した人のレビューを読む

スポンサードリンク

スキンケア疑問解決ガイド:おすすめ商品!





「頑張り過ぎスキンケア」がトラブル肌に?!

現在、スキンケアコスメは多種多様なものが毎日、新発売という状態です。それに伴い、美容に関する情報もそれこそ大量に氾濫しています。それらの中から、自分の希望や悩みに合わせてチョイスしている方が多いのではないでしょうか。

でも、ちょっと待って!お手入れのし過ぎやお助けアイテムの過剰使用が、さらにトラブルを招いていることもあるかもしれませんよ。

例えば、脂っぽくなることやテカリを気にして、洗浄力の強い洗顔料やスクラブ洗顔を、手に力を入れてゴシゴシ行ったりしているとね。反対に乾燥が気になるからと、クリームや美容液をたっぷり塗ったりしても同様です。もしくは説明書は読まずに、化粧水の後は美容液のみということをされている方もおられるのではないでしょうか。

洗いすぎは、乾燥をすすめ、肌がそれを補おうとさらに油を分泌させようとします。また、クリームをたっぷり塗っても、表面をラップするのみで、肌内部のうるおいはほったらかしになってしまうということに。そして、化粧水後の美容液だけというのは、今度はラップをしないので、効果半減ということになりかねません。

それぞれ、その人がよかれと思っていても、適切な使い方をしなければ、効果は生まないどころか、反対にトラブルが出てきてしまうことがあるようです。「効果が出ない」=「肌に合わない」と決め付けてしまう前に、一度、自分のスキンケアアイテムの使い方を考えてみましょう。次々に新製品に手を出さなくても解決できるかも。

関連カテゴリー: スキンケアこぼれ話TB(0)

過剰スキンケアは肌を薄くさせる

高価な化粧品、ブランド物を使っているからと安心しきっていませんか?

化粧品のつけ方や量、お手入れの頻度というのにも気をつけてみましょう。きっと、あなたの肌にさらに効果がでるはずです。

自分が期待する効果がでないな、続かないな、と思う人は説明書にある適量を見直してみましょう。慣れや高価だからと、使用量をいつのまにか減らしてしまっているかも。

また反対に、エステや美容機器の使いすぎで肌に負担をかけている場合もあります。自分のお手入れの頻度を見直してみましょう。頬の赤みが気になるや、お手入れ頑張っているのに肌にキメがないというのは、しすぎて肌が薄くなっているっていうことがあります。

エステティシャンの人は、新人のときに、お互いが練習台になるそうなのですが、その時、スペシャルケアの練習を何度もして、肌が薄くなってしまうことがあるのだそうです。プロになるための練習でなく、自分がきれいになるために、過剰お手入れで肌を薄くし、トラブルを招くのは悲しいですよね。

もし、肌を薄くしちゃったかしらという方は、肌を厚く正常な状態に戻すようにしましょう。基本のスキンケアのみにし、エステやピーリング・パックなどのスペシャルケアは休み休みにしましょう。美容液を複数チョイスしてあれこれたくさんつけている人は、一度ライン(シリーズがあるでしょうから)に戻ってみるのも手です。

正常な肌にスペシャルケアがきくのですから。
まず、「基本に忠実」にかえってみましょう。

関連カテゴリー: スキンケアこぼれ話TB(0)

乾燥肌のスキンケア対策

空調設備に囲まれた暮らしをしている私たちにとって、肌の乾燥対策は重要項目ですね。肌がカサカサになり、肌荒れがすすんで、シワになっていきます。また、乾燥肌は痒みを引き起こしてしまいます。

乾燥肌というのは、肌の角質層から水分が少なくなってしまったり、皮脂の分泌が足りなくなってしまったりしている状態のことをいいます。この角質層は、肌を外界の刺激から守ってくれる機能があります。それが乾燥によって、角質層が弱まると… 無防備な状態になってしまうわけです。

角質層にはNMFという天然保湿成分があります。これがたくさんあると、保湿力があり潤いある肌を保つことができるのです。そのために必要なお手入れはどんなことがあげられるでしょう。

注意点は3点

1.乾燥肌の人は硫黄入りの洗顔料や入浴剤を使用しないようにする(脂性肌の人は、皮膚科ですすめられて使用することがありますが、これは肌を乾燥させるためです)
2.40度以上のお湯で洗わない(洗顔はぬるま湯が基本)
3.タオルで皮膚をこすらない(上から押さえるように)

が、あげられます。そうそう、洗顔の泡にも注意してください。しっかり泡立てていますか?手で泡立てず、顔にこすりつけて泡立てているなんてことはないでしょうか。それも乾燥肌にとっては刺激になります。しっかり泡立てる、またはコールドクリームで丁寧にふき取るというように、肌への刺激に気をつけてみましょう。

化粧品のスキンケア対策と上記のように生活の中で気をつける。この併用が大切です。

関連カテゴリー: スキンケアこぼれ話TB(0)

混合肌のスキンケア

化粧品を買うときに、お肌のタイプ別にと書いてある、もしくは選択することがありませんか。

「普通肌」「乾燥肌」「オイリー肌」「敏感肌」「混合肌」というのが、一般によくあるタイプ別です。

では、「混合肌」というのはどういう肌でしょう。文字どおり、脂っぽいところとカサつくところがある肌。多くは、頬とTゾーンの肌質の違いのようです。原因としては、季節の変わり目や生理前後のホルモンバランスの乱れが挙げられます。季節や自分の体調にあわせたスキンケアが必要になってくるようです。

対策としてはどのようにすればいいのか。「洗顔」で考えていきましょう。
まず、しっかり泡立てる。これは洗顔の基本ですね。では、その泡立てた泡を、まず顔のどこに置いていますか?混合肌の人は、頬がかさつき、Tゾーンが脂っぽいわけですから、頬から置いてはいけません。落とす効果が一番高いものをまず置かなくてはいけない。その場所はTゾーンです。最初に鼻に泡をのせて、なでるように洗ってください。人差し指では力が入りすぎますから、中指と薬指でマッサージしているつもりの力加減がおすすめです。

しっかり洗わないと、なんて思って、ゴシゴシこすれば、余計に皮脂の分泌を招いてしまいます。反対に、皮脂の分泌を活発にしようと思って、頬をゴシゴシこするのもやめてくださいね。乾燥している肌に刺激は禁物ですよ。

泡を肌におく時間のことも考えて、まず脂っぽいところから洗い、乾燥しているところは最後に。そんな細やかなところにも気をつけてみましょう。

関連カテゴリー: スキンケアのコツTB(0)

吹き出物のスキンケア

ニキビが青春の証なんていうそうですが、大人になってもできるニキビは困りもの。「ニキビじゃなくて吹き出物でしょ」なんて言われながら、吹き出物対策のスキンケアにとりかかる人もいるのではないでしょうか。

吹き出物の原因は色々あるようです。目安としては

額:自律神経、睡眠不足、慢性的な疲れ、ストレス
ほお:食事のバランスの乱れ
あご:ストレス、冷え、水毒(注1)
首:婦人科系、冷え、ホルモンバランスの崩れ

が、あげられます。出てくる場所によって、自分の生活や体調を見直していきましょう。

吹き出物ができたら、絶対につぶさないようにしましょう。化膿してしまうこともありますし、つぶした跡が色素沈着をおこし、シミになってしまうことがあります。また、皮膚が陥没してしまい、クレーター肌、ぼこぼこした柑橘肌なんてことになってしまうと、もとの肌に戻りにくいようです。

できてしまったら、肌のスキンケアにも気をつけましょう。吹き出物に刺激を与えないように、メイク落しもふき取りでなく、肌のあたりが柔らかいジェルなどの洗い流すタイプを使うのがおすすめです。化粧水もスッとするアルコールが入っているものだとしみてしまうことがありますから、アルコールフリーのものを使ってみてはいかがでしょう。炎症がひどいけど、お手入れしたいという人は冷水パックという方法もあります。

状態が続くようであれば、自分の肌にあったスキンケア化粧品か考えてみましょう。
(注1)水毒:漢方の考え方。体に不必要な水。むくみなどの体調の悪くなる原因。

関連カテゴリー: スキンケアこぼれ話TB(0)

スキンケア疑問解決ガイド:カテゴリーリスト

スキンケアの基礎知識 / スキンケアのコツ / スキンケアとアトピー / スキンケアこぼれ話 /