保湿とスキンケア:スキンケア疑問解決ガイド

保湿とスキンケア:美しい肌になりたい!あらゆる女性の願いです。 でも、実際は様々な肌のトラブルに悩んでいる人が多いのが現状です。 敏感肌、乾燥肌、しみ、にきびなどなど、スキンケアの方法にはコツがあります。 当ブログはそんなスキンケアの疑問を解決します。

保湿とスキンケア

もともとが敏感肌でなくても、春先や秋口の季節の変わり目に、敏感肌になる人が増えていきます。これは、どんな肌質にも起こり得ることです。

何故でしょう?
それは、人間の顔の血液量が季節の変わり目に変化するためです。
顔の血液量は、春分の日あたりから下がり始め、秋分の日あたりから増えていこうとします。暖かくなると、体を冷やそうとし、寒くなると、体を温めようとする人間にそなわった機能ですね。

しかし、この血液の量の増減とと気温にズレが生じたとき、敏感肌というトラブルが起きることがあるのです。肌のバリア機能が落ちてしまい、乾燥肌・敏感肌に悩まれることになります。

肌のバリア機能は、角質層が担っています。
この角質層を化粧品で保湿し、うるおすことが、この敏感肌に対応するスキンケアということになります。
角質層がセラミド(細部間脂質)でうるおされている状態が正常な肌なのです。
乾いた肌をうるおすスキンケアを心がけましょう。


■どんな化粧品を選べばよいか?
セラミド入りの化粧品はうるおいを与えるだけでなく、肌の保湿力を高める働きもあります。
また、天然水ベースのものは体の水に近いので、浸透力があり、肌がうるおうことでしょう。(最近は持ち歩きに便利なミニボトルやスプレータイプの物、有名なミネラルウォーターで作った化粧水も出ていますね)
自分で直接手にとって選んでみてください。
保湿目的のパックをするのもいいでしょうね。
冬の乾燥に備えましょう。


■保湿は自分の肌感覚でコントロール
肌自身のうるおいと、化粧品による保湿とで、何をどのように使って保湿すればよいか、迷うところです。
セラミド入りの化粧品は、生体内の水をポンプのように引き上げるので、うるおいを与えるだけでなく、保湿力を高める働きもあります。
うるおいが十分満たされていると感じられる時は、軽い化粧水程度で保湿するとよいです。
天然水ベースのものは生体内の水に近いので、浸透力があります。
また、軽いマッサージなども新陳代謝を促すのにはいい方法です。
いずれにせよ、自分の肌とよく相談して、使う化粧品をセレクトするようにしてください。

関連カテゴリー: スキンケアの基礎知識TB(0)

保湿とスキンケアトラックバック

保湿とスキンケアのトラックバックURL:
http://www.hyperfactory.sakura.ne.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/114

スキンケアの基礎知識関連エントリー

保湿とスキンケア / 季節に合わせたスキンケア / 肌タイプ別スキンケア / パックでのスキンケア /

スキンケア疑問解決ガイド:カテゴリーリスト

スキンケアの基礎知識 /